疲労回復に効く食べ物

シジミ

お味噌汁の具としてよくシジミを使いますよね。シジミからは良いダシが出ますし、その風味はすばらしいです。実は、この風味はシジミに含まれる物質に関係があると言われています。しかも、その物質が疲労回復のカギを握っているのです。

シジミには、「オルニチン」という遊離アミノ酸が含まれています。この遊離アミノ酸は、一般的なアミノ酸とは異なり、たんぱく質を作りません。必要な時にのみ働き、あとは体内に予備としてそのまま残っている状態のアミノ酸のことを指します。

オルニチンは、アルコール代謝を活発化させるアミノ酸、「アラニン」を助ける働きがあって、アルコールの代謝を良くすることで肝機能を上げてくれます。その肝機能の活性化によって、二日酔いなどを軽減することができ、また肝臓のエネルギー生産を促すので、全身の疲労を取り除くと言われています。

オルニチンは、冷凍することで、何倍にも増えるということが証明されているので、冷凍したシジミを使ってお味噌汁を作れば、オルニチンの効果がかなりアップしますよ。

疲労回復と二日酔い予防の他に、シジミを食べると、肝臓病予防、貧血予防、虚弱体質改善に効きます。シジミには、肝臓の解毒作用を促すタウリンやビタミンB12がレバーに匹敵するほど多く含まれているので、貧血予防には最適です。 シジミには、様々な栄養素を含んでいますが、ビタミンAやビタミンCなどはあまり含まれていません。なので、必ず野菜など他の栄養素を含んだ食べ物と組み合わせ、バランスよく食べることを心がけましょう。