疲労回復に効く食べ物

梅干し

「医者を殺すに刃物はいらぬ。朝昼晩に梅を食え。」という日本の言い伝えがあるそうです。この言い伝え以外にも、梅干しや梅に関することわざや言い伝えがたくさんあり、それらは全て私達の生活体験から得た知恵から発したものです。梅干しは、私達の健康に必要不可欠かつ貴重な存在となっています。

梅干しの効能は、疲労回復、食欲増進、老化予防、食中毒予防、二日酔い改善と言われています。つまり、疲れが溜まったことで、バテてしまい、食欲がなくなった時には、最も適した食べ物というわけです。

梅干しには、糖質をエネルギーに変えるクエン酸が含まれているので、疲労回復に効くのですが、それ以外にも、身体のあらゆる部分を活性化させる働きがあります。例を挙げると、朝の空腹時に、梅干しを食べると、クエン酸が胃や小腸に送られます。すると、そのクエン酸が体内の殺菌、厳禁作用を効果的にしてくれるのです。

また、梅干しの酸味が体内の消化器官を刺激し、消化液の分泌を促し、食欲増進につなげることになるのです。 梅そのものには、ビタミンやミネラルも含まれていませんが、梅干しにすることで、クエン酸を始めとする有機酸ができ、効果がより高まるのだそうです。

また、梅干しは3年以上たった古いものほど、味も効果も大幅にアップするので、3年以上の梅干しを見かけたら、疲労回復のために、食べてみてはいかがでしょうか?しかし、梅が身体に良いとは言え、青梅を生で食べると、中毒を起こす危険がありますので、ご注意ください。