疲労による症状

眼精疲労

長時間パソコンに向かって仕事をしていると、眼が痛くなったり、眼がかすんできたりすることがありますよね。それは、身体に蓄積された疲労が眼の症状として現れたものです。

これを一般的に、「疲れ目」といいますが、睡眠を取っても症状が回復しないほど重度になると、「眼精疲労」となります。疲れ目を感じるような状況にも関わらず、休息を取らなかったり、疲れ目を感じることが続いたりすると、疲れ目が眼精疲労へと悪化してしまうと言われています。

眼精疲労は、身体中の至る部分が疲れていると、起こりやすい症状です。初期段階では、眼がショボショボする程度で、疲れ目と同じような症状なのですが、疲労をさらに蓄積させていくと、眼の奥が痛くなります。そして、視力の良し悪しに関係なく、眼の焦点が合わずに、物がかすんで見えたり、二重に見えたりといった症状が起こります。これらは、眼のまわりの筋肉が固まったことで、筋肉の柔軟性が失われてしまい、眼の中のレンズの調節がうまくいかなくなるために引き起こされます。また、ドライアイなどの症状も起きることがあります。

眼精疲労は、眼だけでなく身体の異常としても症状が現れます。主な症状としては、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感、不眠、食欲不振などが挙げられます。また、眼精疲労でのストレスにより、抑うつや不安感といった自律神経系に影響を及ぼすとも言われています。

眼を酷使する仕事が増えている社会では、なかなか眼精疲労や疲れ目から脱することができないのが現状です。だからと言って、眼の疲れを放置し続けることは、症状を悪化させるだけで、何の解決にもなりません。眼を休息させる時間を作るなど、眼のことをもっと考える必要があります。