疲労回復に効く飲み物

赤ワイン

ワインは、ぶどうから作られるお酒で、高い人気を誇っています。お酒と聞くと、あまり健康とは無縁のように思われますが、ワインは私達の身体を改善してくれる働きを持っています。西洋では、「就寝前の一杯のぶどう酒が心臓病を予防する」という言い伝えがあるほどで、あらゆる面で健康をもたらしてくれます。もちろん、疲労回復の効果もあるんですよ。

ワインには、主に赤ワインと白ワインがありますが、白ワインより赤ワインの方が、あらゆる効果が高いと言われています。赤ワインを飲むと、アルコールのリラックス効果により、心身の疲れが癒され、安眠することができます。

なので、ストレスで不眠になりがちである人におススメです。また、赤ワインで使われるぶどうの果皮や種子に抗酸化物質である「フラボノイド」が多く含まれているので、心臓病のリスクを減らすことができますし、血液もサラサラにすることができます。

赤ワインは、たまに飲むよりもコンスタントに毎日飲んでいった方が、健康には良いとされています。毎日グラス1杯~3杯飲むことを目安にしましょう。

ただ、赤ワインはやはりお酒なので、飲み過ぎには絶対注意してください。食事中に赤ワインを飲む際には、ビタミンB1やたんぱく質を多く含む豚肉などを一緒に食べるとよいでしょう。ビタミンB1には、アルコールの代謝を高める働きがあり、また、たんぱく質は肝臓を守る働きがあるので、アルコールによって引き起こされる害を減らすことが可能です。