疲労回復の方法

飲み物

前項の食べ物だけでなく、実は、飲み物も疲労回復の効果があります。疲労回復に効く代表的な飲み物としては、緑茶やコーヒー、紅茶などが挙げられます。緑茶については、別項目で今回は触れないでおきます。

これらの飲み物は、飲み物に含まれる成分が、疲労回復に効きますが、水も飲み方を変えるだけで、疲労回復につながる飲み物になるのです。 体内の60%から70%を水分が占めていると言われています。

なので、飲み方次第で、疲労回復の効果が出てくるわけです。疲労を取るためには、栄養を摂取することが重要ですが、その栄養をしっかりと吸収して身体中に届けることはさらに重要です。体内で栄養や酸素を血液です。その血液もまた80%は水分でできているので、血液中の水分が不足してドロドロ状態になってしまっては、血液の流れも悪くなり、身体中に栄養も酸素も運ぶことができなくなってしまいます。

そこで、血中濃度を薄めるために、水を飲みます。そうすれば、血液中の水分が補給され、栄養も酸素も全身に行き渡り、疲労回復に結び付くのです。 1日に必要な水分は、約2リットルと言われているので、食事などから摂取される水分を差し引いて、1日に約1.5リットルの水を飲むのが望ましいです。

ここで、水の飲み方についてですが、大量の水を一気に飲むのではなく、こまめに水分を補給してください。「のどが渇いた。」と少し思ったくらいに、コップ一杯分の水を飲むのが適当です。しかし、冷えすぎた水は身体を冷やしてしまい、それに伴って、筋肉も硬直してしまいます。できるだけ常温の水を飲むことを心がけてください。