疲労の原因

偏食

食事に偏りがあると、ビタミンやミネラルなどが不足して、疲労の蓄積を促すことになります。ビタミンやミネラルは、エネルギーを生み出すのに不可欠な栄養素なので、これら不足すると、エネルギーが生み出せなくなり、疲れやすい身体になってしまうのです。みなさんはどうでしょう。

バランスをよく食事を摂っていますか?好きな食べ物だけを食べて、嫌いな食べ物から目を背けていませんか?自分の嫌いな食べ物に限って、栄養にいい成分がたくさん入っていることがありますよね。疲労改善を機に、嫌いな食べ物と向き合ってみるのもいいかもしれません。

また、偏食だけでなく、食事量の不足も疲労の蓄積につながります。明らかに、栄養の摂取量が減るわけですから、当然のことです。世の中はダイエットブームですが、その時流に乗り、「痩せたい。痩せよう。」と言って食事量を減らすことは、不健康以外の何ものでもありません。

ただ単に、疲れやすい身体作りを進めているだけです。例えば、「炭水化物抜きダイエット」というのがありましたが、炭水化物はビタミンB群によって脳や身体のエネルギー源へと変わるものなので、それを抜くことは、疲労蓄積を推し進めていると言っても過言ではありません。

健康的にダイエットをするためには、栄養バランスの取れた適切な食事を摂ることが最善です。摂るべき栄養はしっかり摂って、健康で疲れにくい身体を作りましょう。 食事に関しては、様々な項で触れていくので、疲労回復の参考にしてください。