疲労の原因

不規則な生活習慣

疲労を抱えているみなさん、あなたの生活習慣はどのようになっていますか?毎晩しっかり睡眠を取れていなかったり、仕事などに追い回されて忙しい毎日を送り十分な休養を確保できていなかったりする方が多いのではないでしょうか。

このような不規則な生活習慣が身に付いてしまうことは、疲労を抱えやすく、かつ体調不良になりやすい体質を作り出すことにつながります。特に、睡眠中は心や身体の休養に関係するホルモンが分泌されるので、睡眠を十分に取るように生活を改善しないと、ますます疲労を蓄積することになり、それが蓄積された結果、重い病気になってしまうかもしれません。

つまり、一般的に人々が睡眠を取る夜に活動を行う夜型の生活や昼夜逆転の生活などは、身体にとって大きな負担となるわけです。しかし、夜型を朝型に直せばいいのかというと、そういうわけでもありません。極端な朝型も、身体にとっては反って負担となり、疲れの原因となってしまうのです。

疲労を改善するためには、まずは、規則正しい生活習慣を身に付けられるように努力しましょう。職業の関係で、今の不規則な生活習慣を変えるのが難しいという方は、なるべく休息を取る機会を増やすように努めるとよいでしょう。仕事と休養をバランスよく保つことで、疲労回復だけでなく、仕事の能率アップにも効果があります。生活習慣を少し見直すだけでも、身体を疲労から守ることができるのです。

生活習慣の改善において、上記で重要と述べていた睡眠に関しては、疲労回復の方法の項でより詳しく触れるので、参考にされることをお勧めします。